ライフハック

短時間でも効果的!1日4分で痩せる筋トレHIITトレーニング

おうち時間が増えてついつい食べ過ぎてしまい

気が付けば体重増加、、、なんてことありませんか?

この記事では、時間をかけず短時間で効果的な「HIIT」について書いていきたいと思います。

HIIT(ヒット)とは?

エクササイズ

ポイント

「HIIT」とは「High intensity interval」の略で全力で動く運動と

ゆるい運動を交互に繰り返す、「高強度インターバルトレーニング」のことです。

HIITの最大の特徴は、高強度のトレーニングを行うことによる大幅なトレーニング時間のカットです!

1セットに必要な時間は4分なので、あまり時間のかけられない人にオススメのトレーニング方法だと言われています。

HIITはなぜ痩せるのか?

体重計

HIITの最大の効果は、トレーニング後も長時間脂肪を燃焼し続けることです。

これは無酸素運動であるHIITトレーニングを行うことで様々な代謝物を取り除いたり傷ついた細胞を修復しようとし

この過程で酸素供給量が高くなり、トレーニングを終えた後もまるで有酸素運動をしているかのような状態になります。

これは運動後の過剰酸素摂取量(EPOC)と関係しており「アフターバーン効果」の影響とされています。

また、この時のカロリー消費は一般的な有酸素運動の6倍~10倍と言われており、脂肪の減少や心肺機能の強化、筋力UPなど様々な付加価値も期待できます!

HIITのメリット・デメリット

メリットデメリット

~メリット~

  • 短期間で効果が出やすい(見た目が変わる)
  • 一般的な有酸素運動の数倍とされる脂肪燃焼効果
  • 心肺機能の強化、持久力や筋力アップにも期待ができる

~デメリット~

  • シンプルにきつい
  • 高負荷のためケガのリスクがある
  • 普段運動の習慣がない人にはオススメできない

このHIITトレーニングにおける最大の難点は「自分を限界まで追い込む」ことが必要であることで、

途中で手を抜くと効果は半減されてしまいます。

しかし、毎日HIITトレーニングを行うことはオススメしません。

通常、筋トレは48~72時間あけたほうが効果的だと言われておりHIITも週2~3回がベストだと言われております。

おすすめHIITトレーニングメニュー

HAND CLAP動画でも有名な「Marina Takewaki」さんのマンションでもできるHIITトレーニング動画です!

このトレーニング動画は飛んだり跳ねたりしないので、騒音を気にせず家の中でできるので私も参考にさせてもらっています!

~メニューリスト~

バックランジ右 30秒

休憩 10秒

バックランジ左 30秒

休憩 10秒

ディープスクワット 30秒

休憩 10秒

プランク 30秒

休憩 10秒

スクワット 30秒

休憩 10秒

プランク 30秒

休憩 10秒

ディープスクワット 30秒

終了

効果的に痩せるHIITトレーニング まとめ

大きい効果ができるHIITトレーニングだけに無理は禁物です!

無理をしてケガをしてしまっては元も子もなくなってしまいます。

間隔をあけて体調が優れない時などは必ず休みましょう!

あわせて読みたい
【30代必見】今から始めたい誰でもカンタン軽い運動4選

続きを見る

あわせて読みたい
プロテインバー食べ比べ!1本満足バー4種類【レビュー】

続きを見る

-ライフハック
-, , ,

© 2021 セキログ<SEKI LOG>